告白の成功率を上げるために必要なこと

告白の成功率を上げるために必要なこと

告白の成功率を上げるために必要なことは、矛盾するようですが「相手に告白させる」ことです。

 

 

できれば告白したい男性から告白するように持って行くことが大切です。
少なくとも「惹かれあう二人」「両思いかもしれない」という感じまで、二人の仲を深めておきましょう。
どちらが告白してもおかしくない状況での、女性からの告白は成功する確率がかなり高くなります。

 

いちばん告白の成功率が低くなるシチュエーションは、「相手が自分のことを良く知らない」状況です。
告白された時に男性が「何で?」と感じてしまうようでは、告白は成功しにくいでしょう。

 

誰もが認めるような綺麗な女性でも、突然告白されたと男性側が思ってしまうと、「何で?」感がより強くなってしまいます。
「何か下心があるのでは」と勘繰ってしまい、「いったん、断って様子を見よう」となってしまいます。

 

 

たまに女性が周囲の人や本人に気付かれず、社内恋愛などで「片想いをする自分」を楽しんでしまうことがあります。
あまりに上手に隠してしまうため、誰も気が付きません。

 

 

自分はかなり気持ちが盛り上がって、「もう告白せずにいられない」状況で告白をしています。
本人にとっては整合性がある告白ですが、相手に伝わっていないと無茶な告白になってしまいます。

 

告白したいほど好きな男性には、告白をする前の準備段階が大切です。
「私はあなたに好意を持っています」と言葉や態度、行動で示すことが大切です。

 

告白をするほど強く好意を持っているということは隠しつつ、それでも友達以上になりたいくらい好意を持っていることは伝えて行きましょう。
ふたりきりになったら積極的に話しかけたり、飲み会があったら隣の席に座ったりしましょう。

 

「恥ずかしくて無理」という女性もいると思いますが、この段階をすっ飛ばして、いきなり告白するほうが結果的に恥ずかしい結果につながってしまいます。
例えば会社内で他の部署などに異動をしたい時は、異動の希望を何年か前から意思表示して、自分の意思を周囲の人、上司などに認知してもらうところから始めると思います。
恋愛も同じで、少なくとも告白する相手には自分の意思を認知してもらうことが大切です。

 

自分に好意を持っている女性がいることは、男性には嬉しいことです。

 

 

好意を持ってくれている女性には話しかけやすいので、急速にふたりの距離は縮まるでしょう。
その勢いで彼が告白をしてくれたら最高です。

 

 

「告白してくれたらOKします」ということを、態度や行動で示しておくと、彼の告白へのハードルは低くなるでしょう。
仮に自分から告白するとしても、彼は少なくとも告白に対して驚いたり、下心などを感じることはないはずです。
告白が成功する確率はかなり高くなります。