勃起不全の原因が何かということを自分で知らなければならない

勃起不全の原因が何かということを自分で知らなければならない

勃起不全とは、勃起する機能が低下してしまうことから起こる症状で、近年勃起不全に悩む男性は増えつつあると言われています。

 

 

これは全然勃起しないという状態だけではなく、勃起しても例えば性行為に十分なほど硬くならなかったり、勃起が長続きしなかったり、そのため挿入をしても抜けてしまうなど、様々な症状が指摘されています。これはカップルや夫婦の性生活には致命的なこともありますが、大切なことはパートナーと共に勃起不全について理解をしておくことです。

 

勃起不全の原因はたくさん指摘されていますが、ストレス、タバコや飲酒などの生活習慣などが挙げられます。例えばかつて性行為で十分勃起できずに恥をかいたことがある、女性に馬鹿にされたことがあるなど、精神的なトラウマが原因で十分に勃起できなくなってしまった、ということは非常によくあるケースです。トラウマが原因の場合はどれだけ治療をしても、そのトラウマ自体を解消しなければ治りません。そのために、まず勃起不全の原因が何かということを自分で知らなければなりません。

 

生活習慣が原因になっている場合は、動脈硬化や血管内部に蓄積した中性脂肪やコレステロールが原因となり、血流が悪くなっているが故に起こります。勃起するためには大量の血液が必要ですから、血流が悪くなれば勃起不全になるのも当然です。そのため、日常的に生活習慣や食生活が乱れている、喫煙や飲酒が多いなど、健康的な生活を送っていないと自覚がある人は、そこを正すことから始めなければなりません。

 

もちろん、健康的な生活を送っていてストレスがなくても、加齢によって勃起がうまくいかないことも十分あり得ます。これは避けて通ることはできないものです。これは生活習慣によるものと似ていますが、加齢によって血流が悪くなることが主な原因です。そのため、これを防ぐためにはやはり健康的な生活が重要です。

 

最近は妊活と言う言葉が流行るようになり、子どもを作るためだけの性行為に嫌気が差しているという夫婦も多いようです。子作りのためだけの性行為や、子どもができないことへのストレス、仕事で忙しくても奥さんから「今日は排卵日だから早く帰ってきて」などの言葉がストレスとなり、勃起できないというケースも多く報告されています。子作りの性行為で勃起ができなければ、夫婦関係にも良くありません。そのため、特にその性行為に子どもが関わってくる場合は、しっかりと夫婦で話し合いをすることが重要です。